2021年04月09日

知覚過敏についてかき氷

こんにちはにこにこ
過ごしやすい気温になってきましたね太陽
桜も葉桜になってきて早いですね...花見(さくら)
なんだか今年はゆっくり満開の桜を見れずに
一瞬で散ってしまった感じがします。


さて、今回は「知覚過敏」についてお話ししたいと思いますきらきら

冷たいアイスや飲み物などでキーンとしみた!
なんて事ありませんか?青ざめ


星2まず知覚過敏とは

虫歯でないのに、冷たいものがしみたり歯ブラシを
当てた時にピリっと痛みが起こる症状を
「知覚過敏」と言います!

症状は一過性で、冷たい水や摩擦などの外来刺激が無くなると、
痛みがなくなるのが特徴的ですが、症状がひどくなると
歯ブラシが当てられなくなったりすることがあります。



星2では知覚過敏の原因は!?

歯の表面にあるエナメル質が、様々な要因によって傷つき
減少してしまい、エナメル質の下にある象牙質が
むき出しになってしまうことによって発生します!

B2D543BD-8381-4E0A-95CB-C1CFA3B976A5.jpeg

その原因は一つではなく様々な原因が考えられています!

@間違ったブラッシング
 歯を磨く時の力が強すぎるとエナメル質が傷つき
知覚過敏になってしまいます。


A歯周病
 @と同様間違った歯磨きによって磨き残しがあり、
 歯垢・歯石が付着し歯肉の炎症や退縮によって
 根本が露出し起こりますわからん


B歯ぎしり、食いしばり
 不安やストレス、過労、歯並び噛み合わせの異常などにより
 睡眠時に歯ぎしりをしている事があります!
 寝ている間の歯ぎしりや無意識の食いしばりによって
 歯にヒビが入ったり、普段がかかることによって
 根本が削れていく楔状欠損(くさびじょうけっそん)によって起こります。

14C8B95C-1FC1-454F-B6AA-22FDA4B281FE.jpeg


C酸による破壊(酸蝕症)
 人体組織の中で最も硬いとされるエナメル質ですが、
 実は酸にはとても弱いものです青ざめ
 酸性の飲み物を常飲摂取することにより、エナメル質が溶かされ、
 象牙質が露出することがあります。
 これを「酸蝕症(さんしょくしょう)」といいます。

 毎朝健康のためにと果汁100%のジュースやお酢、炭酸など
 酸の強い物を飲む習慣などが酸蝕症に繋がり
 知覚過敏を起こす事もあるのです。



星2対処法は!?

・歯磨きは力任せにせず、優しくゆっくり丁寧にきらきら
 定期的な歯科医院でのメンテナンスでご自身では
 取りきれない汚れを機械的なお掃除で取り
 正しい歯磨きの仕方を身につけて炎症を抑えましょうひまわり


・歯ぎしりくいしばりが原因の場合は睡眠時や
 力仕事、集中している時など無意識にしているので
 やめようと思ってもやめれるものではありません。
 なので上下の歯と歯が接触しないように
 マウスピースという透明のトレーを
 寝ている間に入れて歯を守りますにこにこ

84F092E4-D3A3-45C5-82AA-F83257BC45AB.jpeg

 マウスピースは歯科医院で歯の型取りをし、
 一人一人のお口にぴったり合った物をお作りします。

 費用も保険内でお作りする事ができます!

 歯そのものが削れずマウスピースが削れるだけで
 済むので歯を保護してくれますきらきら


・歯科医院での知覚過敏のお薬の塗布
 しみている所に直接しみ止めのお薬を塗ります。
 ですがしみ止めのお薬もずっと続くものではなく、
 普段のお食事や歯磨きで取れてきてしまいますので、
 何度か塗布していきますにこにこ


・知覚過敏用の歯磨き粉を使う
 ご自身でも毎回の歯磨きの時に知覚過敏用の歯磨きを
 使うことによって個人差はありますが、
 効果があると言われていますウインクただし、
 知覚過敏用の歯磨き粉や違う歯磨き粉を交互に使ったり
 たまに使う程度だと効果はでません。
 毎回の歯磨きの時に使い続けていくことによって
 効果がでるといわれています花

 よく見かけるかと思います「シュミテクト」も
 知覚過敏を予防する歯磨き粉になりますきらきらきらきら
 
 その他にも歯科医院や薬局などに
 知覚過敏予防の歯磨き粉を販売しています!


・生活習慣の見直し
 酸の強い飲み物を常飲しているようなことはありませんか?
 毎日の習慣が知覚過敏の原因になりますので
 酸の強い飲み物を過度に摂取している場合は
 控え生活習慣も見直しましょう顔1(うれしいカオ)太陽



知覚過敏は様々な原因が重なって起こります。
冷たい物を飲んでしみると知覚過敏だと思い込んで我慢していると
虫歯が原因かだった場合進行してしまう恐れがありますので、
早めの受診、定期的な検診をおすすめしますにこにこきらきらきらきら
posted by manoshika at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188563379
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック